Posted by at

こころ塾10周年その3「人脈」

2017年09月12日



2018年から、毎月のこころ塾はなくなります。
これからは、こころ塾主宰のセミナーの形で成長していこうと思っています。

これまでのこころ塾では、時々コーチの師匠をゲストにお迎えして、コーチングのスキルや理解の向上のためのセミナーを開催しました。

たくさんのご参加者が、私の師匠に興味津々で集まってくださったり、同じコーチングを学ぶ仲間が一堂に会して共に学びを深めたりしました。コーチングを広く知って頂いたり、仲間と共に学ぶ楽しさを共有する貴重な時間になりました。

これからは、私にできることをと思ったときに、
ご縁を頂き、成長の機会をくださった、特にビジネスの現場でお世話になった方々のお顔が次々と脳裏に浮かびました。

そして記念すべき「新こころ塾」第一弾が実現しました。
リクルート時代の元上司(住宅情報誌事業部時代) 高橋理人氏。
グロービス経営大学院の先生もされていますよ。
https://mba.globis.ac.jp/curriculum/detail/ebz/teacher/takahashi_masato.html

こころ塾生のみなさんと
濃い時間を共に過ごしてくださって、
貴重な学びの機会をご提供頂き、
心から感謝致します。

写真は、水辺のカフェで生ビールで乾杯した懇親会。
塾生さんたちとほっと一息の写真です。
みなさん いい笑顔♪

ありがとうございました。
高橋さんにご登壇頂いた「新こころ塾」第一弾。
もっともっといい場所にしますね。

  


Posted by 内木場三保 at 12:30Comments(0)こころ塾

こころ塾10周年その2「決心」

2017年09月10日


「こころ塾」10年続いたんだなーと改めて思った夏。
今年の12月で「こころ塾」をやめる決心をしました。

私の人生はこれまでも、10年ごとに大きな節目がやってきます。
そのたびに、がらりと人生が変わりました。

独立したのも10年前。
独立して、最初にやったのが「こころ塾」です。
10年続きましたね。

で、これから何をするかの前に
「こころ塾」をやめる決心をしたんです。

新しい世界に行くにはまず、
これまでの習慣や持ち物や気持ちを捨てること。
やらないことから決心します。

断捨離です。

他には、名刺。
10年の間につくった名刺ファイルは全部で15冊。
過日、1日かけて全部ひっくり返し、テーマ別に分類しました。
それでもファイルは12冊。

本棚の本。
ブックオフに買い取ってもらえなかった本を、捨てました。
捨てられなかったのは
杉浦日向子・高野文子両氏の漫画など。
罪悪感があって本を捨てることができなかったのに、不思議です。

住所録。
新しい住所録になりました。

そして、書類、写真、服、アクセサリー、、、
もろもろありますが、もっと大きな決心もありそうです。

心置きなく断捨離できるのは、
何より、この10年で得たものが、たくさんあったからですね。
感謝です。



  


Posted by 内木場三保 at 14:20Comments(0)こころ塾

こころ塾10周年その1 「初心」

2017年09月10日



今年で、毎月第三水曜日に開催してきた「こころ塾」は10周年を迎えました。

なんで「こころ塾」をはじめたかというと、私と同じ思いをしている人の役に立ちたいと思ったからです。

私は営業時代、一人で一軒一軒旅館ホテルを飛び込み営業して、福岡、長崎、熊本、鹿児島、宮崎、大分、佐賀、山口と、年間5万キロ運転しました。当時、ISIZEという名前だった「じゃらんnet」を普及させるための営業でした。最初の3年くらいは一人でした。

当時、インターネットで宿泊予約を受け付けていたのは、楽天トラベルを導入したビジネスホテルくらいで、リゾートホテルやシティホテル、旅館などは、電話かファックスで予約受付していたんですね。主には旅行会社による団体さんでしたし。

そこへ、見知らぬ女性がやってきて、「ネットで予約とりませんか」と言うのだから、興味を持って時間をつくってくださる宿泊施設は半分も無かったかもしれません。それでも、ずっと旅しながら、一軒一軒、周り続けました。手元のリストは800社超えていましたが、女一人なのに転々と全ての宿泊施設に泊まる勢いで宿泊しながら、何度も何度も訪問したので、だんだんと話を聴いてくれるお客様も増え、順調に導入されていきました。

そんな中、話し相手になってくださるのは経営者か、管理職の方で、新しい集客のツールを導入するにあたり、話題はインターネットだけでなく、人材育成やマネジメント、他者のみならず自分自身の心の整え方に至るまで多岐に渡りました。

私はしっかりお客様の話を聴けているだろうか。
私の返答は的外れではないだろうか。
もっと役に立つ話ができるには、何が必要なんだろうか。
とすごく真面目に考えていました。 

それから、自分のチームができた時、チームメンバーの育成やマネジメントをする機会が増えてきたときも、同じことを一生懸命真面目に考えていました。更には、
リーダーシップってなんだろう。
人を育てるってどういうことだろう。
会社によって組織ってどうしてこう違うんだろう。
最高の組織には、何があるんだろう。
私は私らしく生きているだろうか・・・・ 

ですからそのために、一旦は心理学を学ぼうと思いましたが、 しかし私に必要なのはコミュニケーション力だと思いました。 そして、興味を持ったのが「コーチング」という対話のスキルでした。2003年のことでした。 NHKのクローズアップ現代で知ったのですが、当時、コーチングを知っている人はとても少なかったです。

それから3年間、今のコーチAという会社で学び、2006年に民間の資格試験に合格しました。 コーチングというコミュニケーションを学ぶことで、自分の心を整えることも自分との対話の質をあげることだと教えて頂いたことは、特に貴重な学びでした。 また、学びをアウトプットする場を創造したことで、私が力になりたいのは、心の病の治療が必要な人ではなく、自分がそうしてきたように、悩みながらも一生懸命働いて、走り続けている人たちだという認識も明確になりました。

昨年、10年目にして資格の更新をやめました。 
もう「コーチング」だけでは足りない時代になっています。というか、それを何に使うのかが重要です。私は、組織改革、人材育成、キャリアデザインなどの仕事に活用しています。学びは自分の知識を増やせただけでなく、実践を通して、自分の心を整え、他者の力になる仕事につながりました。

コミュニケーションは「わかっていてもできない」のが課題です。
わかっていると言いつつ、できてない人も多いですね。 私もそうならないよう、毎月アウトプットし、知識を確認し、行動する場として「こころ塾」を続けました。毎月開催して、10年続いたことを、我ながらよく頑張ったと思います。

  


Posted by 内木場三保 at 13:11Comments(0)こころ塾

【input】ユヌス博士とソーシャルビジネス

2017年06月15日

成長志向のMBA@福岡2017

第二回と三回は連続して、バングラディシュ緑豆プロジェクトの事例を通して、「ソーシャルビジネス」の可能性と価値について学びました。



ソーシャルビジネスというのは、ビジネスの目的の中に、利益だけでなく、社会問題の解決を盛り込んだもので、2006年にノーベル平和賞を受賞されたムハマド・ユヌス博士が提唱したビジネスモデルです。

授業では、「雪国まいたけ」と、バングラディシュのグラミンクリシクリシのビジネス展開は、雪国まいたけの社長(現グラミンユーグレナのco-CEO)の佐竹右行氏のご登壇により、当事者の話を聴くことができました。雪国まいたけは、バングラディシュにハイテクな農業技術を提供し、バングラディシュ産の緑豆を輸入してもやしを育成販売している会社です。 グラミンユーグレナという会社名となり、今は、インターンシップでバングラディシュを訪れた学生の直感でユーグレナ(みどりむし)も本格的にビジネス展開しているそうです。

この講座に参加している人たちは、私も含め社会人ですので、理論よりも実際のところどうだったのか、ほんとはなにがあったのか等、実話を聴きたいのが本音です。当然、論文や、パンフレット、記録ビデオは、WIN-WINの関係が築けた成功事例のように表現されていますが、実際のところ、いいことばかりではないだろうという確信はありました。

このケースのラッキーポイントは、ユヌス博士のビジネセンスと、佐竹社長のビジネスマンとしをての決断にあったようです。 ユヌス博士が創設したグラミン銀行の実績と信頼があって、日本の小さい会社の試みを現地が受け入れたことも特別なポイントだと思います。つまりパートナーが良かった。 実際のところ、残り30分の質疑応答が一番面白かったです。

私は、佐竹社長からみた、ユヌス博士が描いておられる今後のビジョンを知りたいと質問したのですが、世界を舞台にしたアクトタンク構想のお話を伺うことができました。フランス、ドイツでは既に着手されており、日本もおそらくユヌス博士によるシンクタンクならぬアクトタンクの実現が近いとのこと。 ユヌス博士は、平和の為に活動するビジネスパーソンなのですね。

  


Posted by 内木場三保 at 10:37Comments(0)研修

船旅のすすめ

2017年06月12日

はじめて阪九フェリーを利用したのは、かれこれ30年近く昔のことで、神戸の大学に進学した友人に会うために利用しました。 学生時代だからお金もなく、二等客室でごろ寝の環境にドキドキしたのを覚えています。 貴重品を抱きしめ、ひとり座っていたら、老夫婦が手招きして隣においでと言ってくださり、私は安心して休むことができました。 そのご夫婦は、家族の遺骨を高野山に収めに行く旅だと語ってくださいました。なつかしい・・・

ですから船旅は、なんとなく安いけど女一人では不安というイメージのため敬遠していましたが、個室の客室があるのですよね。シングルやツイン、和室の個室もあり、スイートルームもあります。今回の関西への旅は、自分投資の旅でしたので節約を心がけ、行きはPeachで福岡から関空へ飛び、帰りは後泊しようかと迷ったのですが、ふと船旅だと移動と宿泊一緒にできて安い!と思い立ち、レディースツインをシングルユースで予約しました。閑散期で部屋も空いており、10040円でした。 今は手軽にインターネットで予約ができます。

 ベッドは当然狭いし、少年の家みたく毛布とシーツだけの寝具ですが、冷暖房完備、洗面台もあって、TVも付いています。そのTVでは、現在の位置を画像で確認することができます。 部屋の窓から海を眺めるのも良いですが、乗客定員も1000人以上、トラックや乗用車も併せて150台くらい積める大型船です。売店、展望風呂、展望デッキ、レストラン、マッサージチェア、ゲームコーナーなど、いろいろ見て回れて楽しいですよ。私は夜も朝も、展望デッキで夜景や行き交う船などを眺めて過ごしました。

 レストランの料理も、社食のように定食か、小鉢をいろいろ選ぶカフェスタイル。ビールを吞みたい私は、おつまみになるおかずを3、4品選びましたが美味しかったです。朝は、売店で販売される焼きたてパンが人気でした。 メロンパンはあっという間に売れました。 レストランのフレンチトーストセットも気になりましたが、わたしは朝がゆセット500円に目玉焼き150円を追加して頂きました。


神戸港へは、阪急・阪神の御影駅やJR住吉駅からバスがあって230円。アイランド北口駅からは無料で送迎があります。 神戸港を20時に出航し、新門司港には朝8時半につきます。きっかり定刻でした。 新門司港からはJR門司~チャチャタウン~小倉駅へ無料でバスが送迎します。ちなみに1本のみで、結構満員でした。

非日常の一晩を、瀬戸内海を旅する船旅。 夜間運行の飛行機やバスとちがって、自由に歩けたり、風に当たったり、広い風景をながめることができる分、船旅は自由で優雅でいいなあと思いました。 たまにはのんびり船の旅、いかがですか?







  


Posted by 内木場三保 at 13:44Comments(0)

【input】内田樹先生の授業

2017年06月12日

神戸女学院大学で、内田樹先生の「身体と知性」という公開授業を受けました。



神戸女学院の自然豊かなキャンパスにある校舎群は、W.M.ヴォーリズ氏の設計で、国の重要文化財に指定されています。 光や風の流れ、動線が穏やかで、キャンパスを巡りながら羨ましく思いました。

「学び舎が人をつくる」とは、かのヴォーリズ氏の言葉。
素敵な校舎の階段教室で、授業を受けることも、大変光栄な体験でした。




日本文学振興会(芥川賞・直木賞等の選考・表彰を行う機関)が主催の公開授業ですが、抽選です。当たった時は喜びました。

テーマは「身体と知性」
事前課題は、「街場の文体論」(内田樹著)、「孔子伝」(白川静著)の2冊を読破すること。

私の参加の目的は、①生の内田先生のお話を聴くこと ②人文科学の学びを深めること ③アクティブラーニングな教授法を体験すること の三点です。 内田先生の場合、既にファンなので、受講前からアクティブラーナーな私であるわけですが、学習する時の至福感を得たのは本当にひさしぶりなことでした。

板書もされず、一方向に先生がひたすら語る授業なのですが、事前課題で読んだ本の言語が様々に色づいて浮遊し、一方で思考は深い深い淵への誘われ、そこに光を見出す感覚。 先生の身体の動かし方、声の抑揚、村上春樹や白川静を語る時のなんだかとっても嬉しそうな感じ・・・ チャーミングで、たびたび笑いもこみあげて、あっという間に90分が経ち、終わるころにはおなかがぐうぐう音をたてていました。

知性の計り知れない深さ、その宇宙のような知性を一人一人がもっていること。
知らないことを思い出すような感覚、自分の身体の内側をモニターすることの意味、今おこっていることの必然性、、、知性とは何かについてこんなに思考した時間は久しくありませんでした。

実は、授業の前に廊下で、内田先生とすれ違いました。 
想像よりはるかに若く、纏う気がりんとされていて緊張しましたが、おそらく、授業されてるときもそうですが、ひたすら前を見ておられるようで、先生の動体視力と視野領域は、はんぱないのではとちょっと恐れました。 内田先生は武道家でもありますからね。

贅沢な学びのひとときでした。









  


Posted by 内木場三保 at 09:34Comments(0)研修

【input】ケースメソッド教授法

2017年06月08日

成長志向のMBA@福岡2017 で、MBAプログラムの講義を受講しています。

第二回は市開発途上国への参入がテーマでした。

講師は九大の星野裕志先生で、ケースメソッド(ケーススタディではない)教授法でのご講義でした。

このMBAプログラムに参加するのは、自分の仕事に活かすための自己投資ですが、その目的は3つあります。

1)ビジネスのため
ご縁を頂いているクライアント様は、ビジネス領域も多岐にわたり、職種も役職もさまざまです。 管理職の方がメインなので、組織に関するアドバイザー役を担うこともあります。ですから社会の動向には敏感でいたいですし、知識も必要です。 

2)人材育成・教育への関心
姪っ子たちの存在や、ご縁を頂いている教育機関の先生方や高校生、学生の方々との関わりから、今とても興味があります。教育もまた移行期の動乱期にあって「いきていく力」の育成に試行錯誤しています。 また、先生方の教授法も改進がすすむ中、MBAの講義をされる先生方の教授法にもかなり興味津々です。

3)自分のため
私は、ひとりで仕事をしていますので、組織にいたらおのずと見聞きする世の中の動きも、見聞きできない環境にあります。ですから、自分でキャッチするための機会を選択して動かなければならないと思っています。 どうせなら高い意識の方々と共にありたいので、自腹切ってセミナーやフォーラムには参加するよう心掛けています。

ということで、今回も、研修講師をしている私としては、教授法「ケースメソッド」がとても気になる。講師としてではなく、受講者としての体験は非常に貴重です。

ケースメソッドはディスカッション式講義です。 今回、120分の講義のうち、グループワークはのべほぼ10分ほどでしたが、学習意欲の高い参加者からはどんどん意見や質問の手があがり、それをファシリテートされながら結論まで導き、きっかり120分で完了された教授は素晴らしかったです。 って、上から目線的な感想ですが、これはなかなかできることではないですね。

ただ、私たちは学生ではなく、社会人ですので、学生の学びの先にあるそれぞれの現場に活かすヒントも期待します。事前課題や設問の作り方も、学生向けとは少し異なると思うので、難しいだろうなあと思いました。 各人の現場における経験値や知識りをどう承認しながら学びを深めるか、理論だけでは物足りないよなあと感じていたら、なんと次回は、今回のケースの当事者がご登壇されるとのこと。すばらしい!

  


Posted by 内木場三保 at 12:01Comments(0)研修

鎌倉の旅3 江島神社

2017年06月07日




江ノ電の江ノ島駅を降りたら、海方面へてくてく。
はやくも夏の香りがしている町の道を過ぎると、江ノ島弁天橋を渡ります。左右に海。右手はるかに富士山!なんと冠雪。美しい山ですね。

江島神社は宗像大社と同じ三女神が祀られています。
三女神は天照大神と素戔嗚との誓約の際に生まれた姫ですが、江島神社では弁財天女とされ、日本三大弁財天のひとつです。

日本三大弁財天といえば、今年の四月、竹生島の弁財天さんをお参りしました。 今後、広島は宮島の弁財天参りを果たしたら、2017年は日本三大弁財天巡礼の旅を果たすことになります。ちなみに、6月10日は、琵琶湖の竹生島神社に、江島神社と厳島神社の宮司が、各々弁財天の分霊を持って集結されて、日本三大弁財天の祀りを執り行います。

さて、江の島には、日本初の屋外エスカレーター「江の島エスカ―」があります。有料です。楽ちんだろうとは思いましたが、ここはお参りの旅なので、石段を登り、お宮ひとつひとつに参拝して、頂上の灯台へのぼりました。素晴らしい眺めです。



  


Posted by 内木場三保 at 16:09Comments(0)

鎌倉の旅2 長谷寺

2017年06月06日

鎌倉駅から江ノ電に乗って「長谷」で下車。 レトロなデザインの電車は、平日なのにも関わらず、国籍も性別も年齢もさまざまな人で満員。 車窓から海が見えると、わあと声があがり、流れる景色にみんなが癒されている感じ、、、和みますね。 あ、「最後から二番目の恋」っていうドラマのロケ地「極楽寺」の駅も実在していました。あたりまえですね。




長谷寺ではまず、弁才天参り。 弁天窟は、洞窟の中が祈り場になっていて、名前を書いた蝋燭を備えて祈願します。 出口までおそるおそる歩くトンネルは涼しくて、神聖な雰囲気があります。

本堂までは階段を上り、そこから紫陽花が咲き始めた坂道を回遊して庭園を巡ります。いい香りがして、ところどころで湘南の海や街を見渡すことができて気が晴れました。 紫陽花が満開になると、さぞかしゴージャスだろうと思います。人もまだそう多くなくて、マイペースで歩けたのはとても良かったです。

いいエクササイズになりましたが、やはり、江島神社の江島弁才天参りに向かいます。なんといっても、日本三弁財天のひとつですからね。  


Posted by 内木場三保 at 20:21Comments(0)

鎌倉の旅1 東慶寺と明月院

2017年06月06日

これから紫陽花の見頃を迎える鎌倉に、ふらり旅してきました。

北鎌倉で降りて、人があまりいない方の改札を出て、てくてく。
ファミマを通り過ぎると東慶寺があります。

いつも一人旅の時は、前もってネットで情報収集しますが、基本、何も持たずに歩きます。 直感で道を選んだりもしますが、今はスマホで地図を見ることができるので便利ですね。東慶寺は、前もっての情報もなく、ふらりと入ってみようと思いました。 なんとなんと!拝観料200円は交通系ICカードで支払いOK! 便利ですね。なんか風情ないですけど。。。




紫陽花はまだまだでしたが、「岩たばこ」という紫の、可憐な花が見ごろでした。それから、本堂で特別公開していたのが、裏庭の岩壁一面に張り付いた一本の「岩がらみ」。 その名の通り、岩にからんで枝が広がり、白い小さな花が満開でした。 毎年、ほんの二週間ほど公開されるらしく、幸運だったのだと思います。年配の方々が上等のカメラを持って、撮影に励んでおられました。私はスマホでぱちぱち。 


東慶寺を出て、鎌倉方面に歩き、線路を渡ると、「明月院」の案内板があります。

明月院は紫陽花も有名ですが、本堂の丸窓の向こうに見える花菖蒲がまさしく見頃でした。拝観料の500円にさらに入園料500円を支払って入る後庭園は、清々しい気に溢れていて、しばらく木陰でやすみました。 エネルギーチャージできました。





歩こうかなと迷いましたが、鎌倉駅前行のバスに乗りました。江ノ電に乗って、次は長谷寺へ。






  


Posted by 内木場三保 at 20:02Comments(0)