Posted by at

【input】ユヌス博士とソーシャルビジネス

2017年06月15日

成長志向のMBA@福岡2017

第二回と三回は連続して、バングラディシュ緑豆プロジェクトの事例を通して、「ソーシャルビジネス」の可能性と価値について学びました。



ソーシャルビジネスというのは、ビジネスの目的の中に、利益だけでなく、社会問題の解決を盛り込んだもので、2006年にノーベル平和賞を受賞されたムハマド・ユヌス博士が提唱したビジネスモデルです。

授業では、「雪国まいたけ」と、バングラディシュのグラミンクリシクリシのビジネス展開は、雪国まいたけの社長(現グラミンユーグレナのco-CEO)の佐竹右行氏のご登壇により、当事者の話を聴くことができました。雪国まいたけは、バングラディシュにハイテクな農業技術を提供し、バングラディシュ産の緑豆を輸入してもやしを育成販売している会社です。 グラミンユーグレナという会社名となり、今は、インターンシップでバングラディシュを訪れた学生の直感でユーグレナ(みどりむし)も本格的にビジネス展開しているそうです。

この講座に参加している人たちは、私も含め社会人ですので、理論よりも実際のところどうだったのか、ほんとはなにがあったのか等、実話を聴きたいのが本音です。当然、論文や、パンフレット、記録ビデオは、WIN-WINの関係が築けた成功事例のように表現されていますが、実際のところ、いいことばかりではないだろうという確信はありました。

このケースのラッキーポイントは、ユヌス博士のビジネセンスと、佐竹社長のビジネスマンとしをての決断にあったようです。 ユヌス博士が創設したグラミン銀行の実績と信頼があって、日本の小さい会社の試みを現地が受け入れたことも特別なポイントだと思います。つまりパートナーが良かった。 実際のところ、残り30分の質疑応答が一番面白かったです。

私は、佐竹社長からみた、ユヌス博士が描いておられる今後のビジョンを知りたいと質問したのですが、世界を舞台にしたアクトタンク構想のお話を伺うことができました。フランス、ドイツでは既に着手されており、日本もおそらくユヌス博士によるシンクタンクならぬアクトタンクの実現が近いとのこと。 ユヌス博士は、平和の為に活動するビジネスパーソンなのですね。

  


Posted by 内木場三保 at 10:37Comments(0)研修

【input】内田樹先生の授業

2017年06月12日

神戸女学院大学で、内田樹先生の「身体と知性」という公開授業を受けました。



神戸女学院の自然豊かなキャンパスにある校舎群は、W.M.ヴォーリズ氏の設計で、国の重要文化財に指定されています。 光や風の流れ、動線が穏やかで、キャンパスを巡りながら羨ましく思いました。

「学び舎が人をつくる」とは、かのヴォーリズ氏の言葉。
素敵な校舎の階段教室で、授業を受けることも、大変光栄な体験でした。




日本文学振興会(芥川賞・直木賞等の選考・表彰を行う機関)が主催の公開授業ですが、抽選です。当たった時は喜びました。

テーマは「身体と知性」
事前課題は、「街場の文体論」(内田樹著)、「孔子伝」(白川静著)の2冊を読破すること。

私の参加の目的は、①生の内田先生のお話を聴くこと ②人文科学の学びを深めること ③アクティブラーニングな教授法を体験すること の三点です。 内田先生の場合、既にファンなので、受講前からアクティブラーナーな私であるわけですが、学習する時の至福感を得たのは本当にひさしぶりなことでした。

板書もされず、一方向に先生がひたすら語る授業なのですが、事前課題で読んだ本の言語が様々に色づいて浮遊し、一方で思考は深い深い淵への誘われ、そこに光を見出す感覚。 先生の身体の動かし方、声の抑揚、村上春樹や白川静を語る時のなんだかとっても嬉しそうな感じ・・・ チャーミングで、たびたび笑いもこみあげて、あっという間に90分が経ち、終わるころにはおなかがぐうぐう音をたてていました。

知性の計り知れない深さ、その宇宙のような知性を一人一人がもっていること。
知らないことを思い出すような感覚、自分の身体の内側をモニターすることの意味、今おこっていることの必然性、、、知性とは何かについてこんなに思考した時間は久しくありませんでした。

実は、授業の前に廊下で、内田先生とすれ違いました。 
想像よりはるかに若く、纏う気がりんとされていて緊張しましたが、おそらく、授業されてるときもそうですが、ひたすら前を見ておられるようで、先生の動体視力と視野領域は、はんぱないのではとちょっと恐れました。 内田先生は武道家でもありますからね。

贅沢な学びのひとときでした。









  


Posted by 内木場三保 at 09:34Comments(0)研修

【input】ケースメソッド教授法

2017年06月08日

成長志向のMBA@福岡2017 で、MBAプログラムの講義を受講しています。

第二回は市開発途上国への参入がテーマでした。

講師は九大の星野裕志先生で、ケースメソッド(ケーススタディではない)教授法でのご講義でした。

このMBAプログラムに参加するのは、自分の仕事に活かすための自己投資ですが、その目的は3つあります。

1)ビジネスのため
ご縁を頂いているクライアント様は、ビジネス領域も多岐にわたり、職種も役職もさまざまです。 管理職の方がメインなので、組織に関するアドバイザー役を担うこともあります。ですから社会の動向には敏感でいたいですし、知識も必要です。 

2)人材育成・教育への関心
姪っ子たちの存在や、ご縁を頂いている教育機関の先生方や高校生、学生の方々との関わりから、今とても興味があります。教育もまた移行期の動乱期にあって「いきていく力」の育成に試行錯誤しています。 また、先生方の教授法も改進がすすむ中、MBAの講義をされる先生方の教授法にもかなり興味津々です。

3)自分のため
私は、ひとりで仕事をしていますので、組織にいたらおのずと見聞きする世の中の動きも、見聞きできない環境にあります。ですから、自分でキャッチするための機会を選択して動かなければならないと思っています。 どうせなら高い意識の方々と共にありたいので、自腹切ってセミナーやフォーラムには参加するよう心掛けています。

ということで、今回も、研修講師をしている私としては、教授法「ケースメソッド」がとても気になる。講師としてではなく、受講者としての体験は非常に貴重です。

ケースメソッドはディスカッション式講義です。 今回、120分の講義のうち、グループワークはのべほぼ10分ほどでしたが、学習意欲の高い参加者からはどんどん意見や質問の手があがり、それをファシリテートされながら結論まで導き、きっかり120分で完了された教授は素晴らしかったです。 って、上から目線的な感想ですが、これはなかなかできることではないですね。

ただ、私たちは学生ではなく、社会人ですので、学生の学びの先にあるそれぞれの現場に活かすヒントも期待します。事前課題や設問の作り方も、学生向けとは少し異なると思うので、難しいだろうなあと思いました。 各人の現場における経験値や知識りをどう承認しながら学びを深めるか、理論だけでは物足りないよなあと感じていたら、なんと次回は、今回のケースの当事者がご登壇されるとのこと。すばらしい!

  


Posted by 内木場三保 at 12:01Comments(0)研修

【input】幸福とは・・・アドラー心理学

2017年06月05日

アドラー心理学の学習。

本を読むだけでなく、著者本人のお話を直接聞く機会は、学びを深めるためにはとても効果的だと思います。今回、縁あって、「嫌われる勇気」の著者である岸見一郎先生の講演会に参加し、直接お話を聴く機会に恵まれました。

岸見一郎先生は、日本の哲学者(西洋哲学)であり、心理学者です。また、日本アドラー心理学会顧問でカウンセラーでもあります。 実物の岸見先生は、告知チラシのお写真より、柔和でハンサムで、ニュートラルな中にとても強い意志を感じる方でした。

アドラー心理学を学ぶのは、対話を通して対人支援をする時に、自己基盤を整えるための大切なポイントがあるからです。 今回も自らを振り返る機会となり、また自分を知ることと同じように、他者を理解するために意識するいくつかのヒントを改めて心に刻むことができました。 今回のテーマは、「幸せに生きるヒント」でした。 学びを少しメモします。


幸福とは何か。

幸福感は個々人で異なりますので、定義することはなかなかむつかしいです。
しかし、個々人の幸福感の根源にあるのは、存在承認であるように思います。

当然のことながら、社会的な成功は「幸福」とは限らない。
それよりも、今ここにおいて、自分の人生を生きているかどうかの方が大切です。

岸見先生のお話の中に「他者の期待に応える生き方をしない」とありましたが、他者とは、親や子、配偶者、上司、仲間、患者、クライアントなどさまざまな関係性を含みます。 他者の都合で生きないということは、すなわち自分を大切にするということだと思います。

コーチングなどの手法を活用して対話をするときの、聴き手が意識するポイントは、「ほんとうにいいたいこと」に耳を澄ませるということです。

つまり、クライアント様が、「自分の人生を生きているか」という問いそのものです。 ですから、話す人の「価値」や「信念」にアンテナを立て、未来に向けて問いを重ねます。そして、クライアント様が話す課題は、クライアント様ご自身の課題であるから、「アドバイスしない」ことも意識します。 もしもあなたが、コーチやカウンセラーであるにもかかわらず、クライアント様や相談者の「課題」に巻き込まれ、疲れることがあるとすれば、そこの切り分けができていないことも原因のひとつだと思います。

自分の人生を生きるためにできることは以下の4点だそうです。
・未来を手放すこと(おこってもいないことを心配しない)
・過去を手放すこと(トラウマに支配されてはならない)
・今日を生きる(あしたのために)
・対人関係の中で幸福になる(貢献)

まずは自分が実践することです。
自分が選んだ人生を生きることができると、関わる人たちも変わります。
それを経験すると、心は丈夫になるように思います。
岸見先生の、「幸福とは力である」という言葉が、心に残りました。


  


Posted by 内木場三保 at 15:30Comments(0)研修

イノベーションについて

2016年12月23日

組織コミュニケーショントレーナーのうちこばです。

依頼される研修では、継続的に実施するケースが多いです。
つまり、研修を通して、組織の成長(=人の成長)を促す目的や、更には旧態依然とした組織に風穴を開け進化を促すイノベーションが目的の研修です。研修の手法はさまざまですが、一番大切にしているのは「対話」です。

イノベーションを可能にするには、「対話」による信頼関係の構築が最優先です。
組織が変わる時には、先を見て変わろうとする人たちがいる一方で、必ずブレーキを踏む人たちが出てきます。

そんなときに必要なのは、同じ穴のムジナ同士で悶々としないこと。
イノベーションを意識する人は(もしくは役割を担う立場の人は)、どんどん他部署や社外の人など新しい人を巻き込んで、未来に向けてとことん語り合う機会が必要です。その場を創造するきっかけが研修であったりします。場の振り返りも必要です。

ブレーキを踏む人たちは、イノベーションが徐々にルーチン(しくみ)に変換していき、やるべき業務として明確になると、そこをしっかり担う人が多いように思います。役割意識や仕事に対する価値観が違うんですね。

ですから、アクセル派とブレーキ派との闘争は無意味です。
アクセル派は動きに関する情報を発信(共有)し、
ブレーキ派はどうありたいのか具体的に発信するべきです。

イノベーションに終わりはありませんから、常に未来を見通す人が必要です。現状に課題を見出す人も必要です。アイデアや戦略に長けた人も必要だし、なんで変わらなければならないのかと問い続ける人も必要です。大事なことは、組織の存在意義(ミッション)の共有です。

あなたの会社の存在意義を言葉にすると、どんな言葉になりますか?
  


Posted by 内木場三保 at 11:53Comments(0)研修

女性活躍推進の今

2016年12月17日

「女性活躍推進」と言っても、地域や、組織に於いて、取り組み方はさまざまです。 こころ塾は、講演や、研修といった形で仕事の依頼を頂きますが、必ず熟議を導入しています。なぜならば、女性活躍推進をどう支援するか、どのように取り組むべきか、どんなビジョンを描くのか、一人一人捉え方が異なるので、共有する場はとても大切だと思うからです。

たとえば、徳之島。

ひとりの女性が産む子供の数で、日本トップクラスの島です。 たくさん子供が生まれる島では、地域で子育てをする環境がまだ残っているように思います。ですから、自治体が主催する講演会では、住民を巻き込んで現状の共有や、未来のビジョンを語り合いました。



農業が基本にある生活ですので、地元出身の方は、会社員や公務員でも農繁期は農作業で忙しくなります。徳之島ならではのワークライフバランスですね。一方で、転勤や結婚で移住された方々もいらっしゃいます。その場合、女性は専業主婦で子育てをするケースが多くなります。都会ほど仕事もないので、社会に出たくても選択肢が少ないのです。しかし、移住してこられた方々の方が、島の良さを沢山感じていたり、熱く語ったりして興味深かったです。
ここでは、女性に限らず、島民全体で子供たちの未来を明るくしたいという希望がたくさんでました。そのために女性にできること、一緒に協働できることをみんなで語り合い、大変盛り上がりました。今回は参加者がほとんど女性という状況でしたが、今後はもっと、女性活躍推進を考えるカタリバに、男性がたくさん参加していただきたいところです。

一方、東京都の某区。

課長級以上の管理職の皆さまが一堂に会し、女性活躍推進について熟議しました。スカイツリー、富士山が見渡せる素晴らしい会場に、たくさんの素敵な笑顔が咲きました。 しかし、研修に参加されたのはほとんどが男性です。



研修に参加された課長級以上の方々の中で、女性はほんの1割ほど。それでも係長級はすでに男女半々になってきたそうです。こちらでは、女性活躍推進は「女性」で語られず、「組織」で語られる段階でした。先進的ですね。中には、「女性より男性がもっと元気にならなければ!」という意見も出たりして興味深かったです。女性の管理職が順調に増えている中、男性管理職の「男も女も同じように接している」というお言葉には自信も感じられ、頼もしかったですが、果たして後進の方々は何を思うのか、どう感じているのか、耳を傾けることも重要な時期に差し掛かっているようにも思いました。また、協働するために、個々人が、男とか女とかに関わらず成長することの大切さを確認できたように思います。

女性活躍推進を、組織の成長ととらえるならば、ますます組織コミュニケーションのスキル向上は必須ですね。









  


Posted by 内木場三保 at 12:43Comments(0)研修

大人はどうして教えようとするのか

2016年12月09日

若い人に学ぶことは多い。
若い人の見ている未来を、大人は同じように見ることはできない。

若い時の記憶はその人をつくる。
若い時の環境が、世代世代の特徴になる。

人をつくるために必要なことはなんだろう。

教育は人が安全に生きていくためにあるから、
あらゆる知識や知恵を教えることは大事なことだ。
だから教えなくてはならない。

しかし、
人をつくるために必要なことはなんだろう。

その人の存在を大切に扱い、話を聴き合い、
一緒に考え、成長をよろこぶ人の存在そのものかもしれない。
親だったり、祖父母だったり、近所の人だったり、先生もまた人を育てている。

人は人との関わりの中で成長する。
若い人だけでなく、大人も成長し続ける。

大人はどうして教えようとするのか。
若い人に学ぶことは多い。



  


Posted by 内木場三保 at 11:24Comments(0)研修

徳之島 子宝の島のパパママ講座

2016年10月07日




徳之島は奄美諸島にあって、鹿児島県ですが、すぐそこが沖縄県という亜熱帯の島です。天城町、徳之島町、伊仙町と3つの町があります。この3つの町が一時期、一人の女性が産む子供の数で、日本一位二位三位を獲得したことのある、まさに子宝の島なのです。



その名も徳之島子宝空港。

しかし、離島であるために、常駐する産婦人科の医師が不足する事態が続き、妊婦の安心がなかなか得られないという状況にありました。

そんな状況を改善しようと頑張っている助産師の野中涼子さんのご活動の一つとして、島のママパパたちの子育てを支援する広場の開設があります。ここに、2008年から毎年呼んで頂いてパパママ講座やコミュニケーションの研修をさせて頂いております。

私の講座は、0歳児から参加OK!ママたちは、泣く子をあやしたり、授乳しながら、皆さん集中して、楽しんで参加されています。保育士さんたちも助けてくださいます。福岡など都会では、あまり見ない講座風景ですね!

野中涼子さんが代表をつとめるNPO法人親子ネットワークがじゅまるの家はこちら









  


Posted by 内木場三保 at 05:23Comments(0)研修

篠栗の夏 教育センターの夏

2016年10月07日





2009年より毎年夏に福岡県教育センターにて、研修を担当しております。私が担当させて頂く研修に参加されるのは、小学校から高校までの、主に新任の校長先生、副校長先生、教頭先生です。今年は80名の定員に120名ほどの参加希望があり、再受講を希望された先生方はご参加が叶わなかったと聞きました。

私の研修では、後進の若い先生方の育成や、保護者とのよりよい信頼関係の構築について、現場で活用できるコミュニケーションの手法をお伝えしています。対話する演習が入りますので、笑顔も溢れ、にぎやかです。




教育センターは、篠栗は若杉山を望む自然たっぷりな立地にあって、福岡県各地から研修参加のために先生方がお集まりになります。教育センター勤務の先生方にとって夏は、企画された研修が連日実施される大変多忙な季節なのですね。

2017年の夏の研修もご依頼頂きました。楽しみです。
  


Posted by 内木場三保 at 04:19Comments(0)研修

PTA総会で講演しました。

2016年07月03日

今回は、春日市のPTA連絡協議会主催『教育講演会』での講演。12の小学校と6の中学校のPTAの皆さまが参加されました。




幹事校の役員の方々とお会いして、事前のお打ち合わせをさせていただいた日は、空に錦の雲(彩雲)(^-^)を発見しました。
また、幹事を引き継いだ学校の役員の中には、7年くらい前に私のコーチング講座を受講された方がおられ、講師控え室に花束を持ってきてくださった上に、終了後一緒に写真撮影されました。
ありがとうございました!




PTA総会など、保護者向けの講演はいつも「きき上手、ほめ上手になろう」というテーマで承っております。子どもだけでなく、夫婦や職場、PTA活動などのコミュニティにおけるコミュニケーション手法をお伝えします。

保育園幼稚園の保護者向けの講演は、福岡市教育委員会を通して頂けると講師料の補助がございます。
  


Posted by 内木場三保 at 21:23Comments(0)研修