スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

徳之島 子宝の島のパパママ講座

2016年10月07日




徳之島は奄美諸島にあって、鹿児島県ですが、すぐそこが沖縄県という亜熱帯の島です。天城町、徳之島町、伊仙町と3つの町があります。この3つの町が一時期、一人の女性が産む子供の数で、日本一位二位三位を獲得したことのある、まさに子宝の島なのです。



その名も徳之島子宝空港。

しかし、離島であるために、常駐する産婦人科の医師が不足する事態が続き、妊婦の安心がなかなか得られないという状況にありました。

そんな状況を改善しようと頑張っている助産師の野中涼子さんのご活動の一つとして、島のママパパたちの子育てを支援する広場の開設があります。ここに、2008年から毎年呼んで頂いてパパママ講座やコミュニケーションの研修をさせて頂いております。

私の講座は、0歳児から参加OK!ママたちは、泣く子をあやしたり、授乳しながら、皆さん集中して、楽しんで参加されています。保育士さんたちも助けてくださいます。福岡など都会では、あまり見ない講座風景ですね!

野中涼子さんが代表をつとめるNPO法人親子ネットワークがじゅまるの家はこちら









  


Posted by 内木場三保 at 05:23Comments(0)研修

篠栗の夏 教育センターの夏

2016年10月07日





2009年より毎年夏に福岡県教育センターにて、研修を担当しております。私が担当させて頂く研修に参加されるのは、小学校から高校までの、主に新任の校長先生、副校長先生、教頭先生です。今年は80名の定員に120名ほどの参加希望があり、再受講を希望された先生方はご参加が叶わなかったと聞きました。

私の研修では、後進の若い先生方の育成や、保護者とのよりよい信頼関係の構築について、現場で活用できるコミュニケーションの手法をお伝えしています。対話する演習が入りますので、笑顔も溢れ、にぎやかです。




教育センターは、篠栗は若杉山を望む自然たっぷりな立地にあって、福岡県各地から研修参加のために先生方がお集まりになります。教育センター勤務の先生方にとって夏は、企画された研修が連日実施される大変多忙な季節なのですね。

2017年の夏の研修もご依頼頂きました。楽しみです。
  


Posted by 内木場三保 at 04:19Comments(0)研修

ふるさと回想 西大山駅

2016年10月07日




鹿児島中央駅からJR指宿枕崎線で約1時間50分。
最南端の駅で有名な西大山駅に到着すると、運がよければ開聞岳の雄姿が望めます。

ここにある黄色いポスト。
このポストに投函した手紙は幸福を運ぶと言われています。ラブレターはもちろん、お礼状や季節のご挨拶の葉書の他に、自分あてに旅の感想を書き綴った手紙を送ってみるのも楽しいと思いますよ。




開聞岳は薩摩富士とも呼ばれ、その形状の美しさはなんとも言い難く、まさしく薩摩の誇りと言える山です。
開聞岳には登ることができますが、活火山です。 標高は924mあり、修験道の山でもあったので、頂上近くは結構ハードな登山道であると聞いています。 2合目あたりに公園の駐車場があります。ここの遊歩道からの眺めも最高です。

健脚に自信のある方は是非、頂上を目指してくださいませ。  


Posted by 内木場三保 at 00:06Comments(0)

徳山回想 煙突三兄弟

2016年10月03日

徳山駅前には、素敵なコンビナートがあって、
私が勝手に「煙突三兄弟」と名付けている風景があります。




ここは、毛利の殿様が、米、塩、紙を扱う商港として開いたのがはじまりで、現在もコンビナートの奥に塩の山があります。仕事の合間に見学させて頂いたときは本当にびっくりしましたが、大きな大きな塩の山です。

また、戦争に関する歴史も残ります。ここの港から船に乗って行く大津島(馬島)は、人間魚雷「回天」の訓練所だった「特攻の島」として知られています。 徳山もまた、第二次世界大戦時の沖縄特攻作戦における最後の本土燃料補給地であった歴史があります。




煙突三兄弟を見るたびに心が萌えますが、きっとそれは、年末年始になると、帰省してくる人たちを迎えるために、コンビナートが全ての照明を夜通し点灯するという話を聞いたことに感動したからかもしれません。 工場夜景クルーズもあるそうですよ。 

新幹線で上る際には是非、徳山駅海側(右手)のコンビナートをご覧くださいませ。  


Posted by 内木場三保 at 05:55Comments(0)

徳之島回想  金見崎展望台

2016年10月02日


徳之島の観光名所の一つに、ソテツトンネルがあります。


もともとは畑を区切る柵として植えられていたそうですが、この名所に残っているソテツは大きく育って、密林のようになっています。 一人でいくとちょっと怖いくらいです。 トトロのトンネルみたいだという人もいるそうです。


ソテツトンネルを抜けると・・・

海です!





私は入り口近くの空き地に車を停めて、延々とトンネルをくぐりぬけましたが、実は駐車場はもっと先の展望台近くにあります。金見崎展望台です。ここからの眺めは最高です。徳之島の海は、珊瑚のリーフに囲まれていて、展望台から望むと澄み渡った海の色がとてもきれいです。 

このリーフの間に潜ったことがありますが、珊瑚の壺の中に色とりどりの魚が泳いでいて、とてもきれいです。 











  


Posted by 内木場三保 at 05:55Comments(0)

徳之島回想  寝姿山

2016年10月01日




徳之島子宝空港に、飛行機が離着陸する窓からよく見えます。
本当の名称は「天城山」ですが、海に髪を流して、仰向けに寝そべる乙女の姿に似ているので「寝姿山」と呼ばれています。子宝の島だけに、妊婦のように見えるという人もおります。

寝姿山に雲がかかると雨になります。
きれいに見えるときは、なんとなくラッキーな気分になります。

  


Posted by 内木場三保 at 20:16Comments(0)