Posted by at

こころ塾10周年その3「人脈」

2017年09月12日



2018年から、毎月のこころ塾は不定期開催となります。
これからは、こころ塾主宰のセミナーの形で成長していこうと思っています。

これまでのこころ塾では、時々コーチの師匠をゲストにお迎えして、コーチングのスキルや理解の向上のためのセミナーを開催しました。

たくさんのご参加者が、私の師匠に興味津々で集まってくださったり、同じコーチングを学ぶ仲間が一堂に会して共に学びを深めたりしました。コーチングを広く知って頂いたり、仲間と共に学ぶ楽しさを共有する貴重な時間になりました。

これからは、私にできることをと思ったときに、
ご縁を頂き、成長の機会をくださった、特にビジネスの現場でお世話になった方々のお顔が次々と脳裏に浮かびました。

そして記念すべき「新こころ塾」第一弾が実現しました。
リクルート時代の元上司(住宅情報誌事業部時代) 高橋理人氏。
グロービス経営大学院の先生もされていますよ。
https://mba.globis.ac.jp/curriculum/detail/ebz/teacher/takahashi_masato.html

こころ塾生のみなさんと
濃い時間を共に過ごしてくださって、
貴重な学びの機会をご提供頂き、
心から感謝致します。

写真は、水辺のカフェで生ビールで乾杯した懇親会。
塾生さんたちとほっと一息の写真です。
みなさん いい笑顔♪

ありがとうございました。
高橋さんにご登壇頂いた「新こころ塾」第一弾。
もっともっといい場所にしますね。

  


Posted by 内木場三保 at 12:30Comments(0)こころ塾

こころ塾10周年その2「決心」

2017年09月10日


「こころ塾」10年続いたんだなーと改めて思った夏。
今年の12月で「こころ塾」をやめる決心をしました。

私の人生はこれまでも、10年ごとに大きな節目がやってきます。
そのたびに、がらりと人生が変わりました。

独立したのも10年前。
独立して、最初にやったのが「こころ塾」です。
10年続きましたね。

で、これから何をするかの前に
「こころ塾」をやめる決心をしたんです。

新しい世界に行くにはまず、
これまでの習慣や持ち物や気持ちを捨てること。
やらないことから決心します。

断捨離です。

他には、名刺。
10年の間につくった名刺ファイルは全部で15冊。
過日、1日かけて全部ひっくり返し、テーマ別に分類しました。
それでもファイルは12冊。

本棚の本。
ブックオフに買い取ってもらえなかった本を、捨てました。
捨てられなかったのは
杉浦日向子・高野文子両氏の漫画など。
罪悪感があって本を捨てることができなかったのに、不思議です。

住所録。
新しい住所録になりました。

そして、書類、写真、服、アクセサリー、、、
もろもろありますが、もっと大きな決心もありそうです。

心置きなく断捨離できるのは、
何より、この10年で得たものが、たくさんあったからですね。
感謝です。



  


Posted by 内木場三保 at 14:20Comments(0)こころ塾

こころ塾10周年その1 「初心」

2017年09月10日



今年で、毎月第三水曜日に開催してきた「こころ塾」は10周年を迎えました。

なんで「こころ塾」をはじめたかというと、私と同じ思いをしている人の役に立ちたいと思ったからです。

私は営業時代、一人で一軒一軒旅館ホテルを飛び込み営業して、福岡、長崎、熊本、鹿児島、宮崎、大分、佐賀、山口と、年間5万キロ運転しました。当時、ISIZEという名前だった「じゃらんnet」を普及させるための営業でした。最初の3年くらいは一人でした。

当時、インターネットで宿泊予約を受け付けていたのは、楽天トラベルを導入したビジネスホテルくらいで、リゾートホテルやシティホテル、旅館などは、電話かファックスで予約受付していたんですね。主には旅行会社による団体さんでしたし。

そこへ、見知らぬ女性がやってきて、「ネットで予約とりませんか」と言うのだから、興味を持って時間をつくってくださる宿泊施設は半分も無かったかもしれません。それでも、ずっと旅しながら、一軒一軒、周り続けました。手元のリストは800社超えていましたが、女一人なのに転々と全ての宿泊施設に泊まる勢いで宿泊しながら、何度も何度も訪問したので、だんだんと話を聴いてくれるお客様も増え、順調に導入されていきました。

そんな中、話し相手になってくださるのは経営者か、管理職の方で、新しい集客のツールを導入するにあたり、話題はインターネットだけでなく、人材育成やマネジメント、他者のみならず自分自身の心の整え方に至るまで多岐に渡りました。

私はしっかりお客様の話を聴けているだろうか。
私の返答は的外れではないだろうか。
もっと役に立つ話ができるには、何が必要なんだろうか。
とすごく真面目に考えていました。 

それから、自分のチームができた時、チームメンバーの育成やマネジメントをする機会が増えてきたときも、同じことを一生懸命真面目に考えていました。更には、
リーダーシップってなんだろう。
人を育てるってどういうことだろう。
会社によって組織ってどうしてこう違うんだろう。
最高の組織には、何があるんだろう。
私は私らしく生きているだろうか・・・・ 

ですからそのために、一旦は心理学を学ぼうと思いましたが、 しかし私に必要なのはコミュニケーション力だと思いました。 そして、興味を持ったのが「コーチング」という対話のスキルでした。2003年のことでした。 NHKのクローズアップ現代で知ったのですが、当時、コーチングを知っている人はとても少なかったです。

それから3年間、今のコーチAという会社で学び、2006年に民間の資格試験に合格しました。 コーチングというコミュニケーションを学ぶことで、自分の心を整えることも自分との対話の質をあげることだと教えて頂いたことは、特に貴重な学びでした。 また、学びをアウトプットする場を創造したことで、私が力になりたいのは、心の病の治療が必要な人ではなく、自分がそうしてきたように、悩みながらも一生懸命働いて、走り続けている人たちだという認識も明確になりました。

昨年、10年目にして資格の更新をやめました。 
もう「コーチング」だけでは足りない時代になっています。というか、それを何に使うのかが重要です。私は、組織改革、人材育成、キャリアデザインなどの仕事に活用しています。学びは自分の知識を増やせただけでなく、実践を通して、自分の心を整え、他者の力になる仕事につながりました。

コミュニケーションは「わかっていてもできない」のが課題です。
わかっていると言いつつ、できてない人も多いですね。 私もそうならないよう、毎月アウトプットし、知識を確認し、行動する場として「こころ塾」を続けました。毎月開催して、10年続いたことを、我ながらよく頑張ったと思います。

  


Posted by 内木場三保 at 13:11Comments(0)こころ塾