【input】幸福とは・・・アドラー心理学

2017年06月05日

アドラー心理学の学習。

本を読むだけでなく、著者本人のお話を直接聞く機会は、学びを深めるためにはとても効果的だと思います。今回、縁あって、「嫌われる勇気」の著者である岸見一郎先生の講演会に参加し、直接お話を聴く機会に恵まれました。

岸見一郎先生は、日本の哲学者(西洋哲学)であり、心理学者です。また、日本アドラー心理学会顧問でカウンセラーでもあります。 実物の岸見先生は、告知チラシのお写真より、柔和でハンサムで、ニュートラルな中にとても強い意志を感じる方でした。

アドラー心理学を学ぶのは、対話を通して対人支援をする時に、自己基盤を整えるための大切なポイントがあるからです。 今回も自らを振り返る機会となり、また自分を知ることと同じように、他者を理解するために意識するいくつかのヒントを改めて心に刻むことができました。 今回のテーマは、「幸せに生きるヒント」でした。 学びを少しメモします。


幸福とは何か。

幸福感は個々人で異なりますので、定義することはなかなかむつかしいです。
しかし、個々人の幸福感の根源にあるのは、存在承認であるように思います。

当然のことながら、社会的な成功は「幸福」とは限らない。
それよりも、今ここにおいて、自分の人生を生きているかどうかの方が大切です。

岸見先生のお話の中に「他者の期待に応える生き方をしない」とありましたが、他者とは、親や子、配偶者、上司、仲間、患者、クライアントなどさまざまな関係性を含みます。 他者の都合で生きないということは、すなわち自分を大切にするということだと思います。

コーチングなどの手法を活用して対話をするときの、聴き手が意識するポイントは、「ほんとうにいいたいこと」に耳を澄ませるということです。

つまり、クライアント様が、「自分の人生を生きているか」という問いそのものです。 ですから、話す人の「価値」や「信念」にアンテナを立て、未来に向けて問いを重ねます。そして、クライアント様が話す課題は、クライアント様ご自身の課題であるから、「アドバイスしない」ことも意識します。 もしもあなたが、コーチやカウンセラーであるにもかかわらず、クライアント様や相談者の「課題」に巻き込まれ、疲れることがあるとすれば、そこの切り分けができていないことも原因のひとつだと思います。

自分の人生を生きるためにできることは以下の4点だそうです。
・未来を手放すこと(おこってもいないことを心配しない)
・過去を手放すこと(トラウマに支配されてはならない)
・今日を生きる(あしたのために)
・対人関係の中で幸福になる(貢献)

まずは自分が実践することです。
自分が選んだ人生を生きることができると、関わる人たちも変わります。
それを経験すると、心は丈夫になるように思います。
岸見先生の、「幸福とは力である」という言葉が、心に残りました。





同じカテゴリー(研修)の記事画像
【input】ユヌス博士とソーシャルビジネス
【input】内田樹先生の授業
女性活躍推進の今
徳之島  子宝の島のパパママ講座
篠栗の夏  教育センターの夏
PTA総会で講演しました。
同じカテゴリー(研修)の記事
 【input】ユヌス博士とソーシャルビジネス (2017-06-15 10:37)
 【input】内田樹先生の授業 (2017-06-12 09:34)
 【input】ケースメソッド教授法 (2017-06-08 12:01)
 イノベーションについて (2016-12-23 11:53)
 女性活躍推進の今 (2016-12-17 12:43)
 大人はどうして教えようとするのか (2016-12-09 11:24)

Posted by 内木場三保 at 15:30│Comments(0)研修
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。