【input】ユヌス博士とソーシャルビジネス

2017年06月15日

成長志向のMBA@福岡2017

第二回と三回は連続して、バングラディシュ緑豆プロジェクトの事例を通して、「ソーシャルビジネス」の可能性と価値について学びました。



ソーシャルビジネスというのは、ビジネスの目的の中に、利益だけでなく、社会問題の解決を盛り込んだもので、2006年にノーベル平和賞を受賞されたムハマド・ユヌス博士が提唱したビジネスモデルです。

授業では、「雪国まいたけ」と、バングラディシュのグラミンクリシクリシのビジネス展開は、雪国まいたけの社長(現グラミンユーグレナのco-CEO)の佐竹右行氏のご登壇により、当事者の話を聴くことができました。雪国まいたけは、バングラディシュにハイテクな農業技術を提供し、バングラディシュ産の緑豆を輸入してもやしを育成販売している会社です。 グラミンユーグレナという会社名となり、今は、インターンシップでバングラディシュを訪れた学生の直感でユーグレナ(みどりむし)も本格的にビジネス展開しているそうです。

この講座に参加している人たちは、私も含め社会人ですので、理論よりも実際のところどうだったのか、ほんとはなにがあったのか等、実話を聴きたいのが本音です。当然、論文や、パンフレット、記録ビデオは、WIN-WINの関係が築けた成功事例のように表現されていますが、実際のところ、いいことばかりではないだろうという確信はありました。

このケースのラッキーポイントは、ユヌス博士のビジネセンスと、佐竹社長のビジネスマンとしをての決断にあったようです。 ユヌス博士が創設したグラミン銀行の実績と信頼があって、日本の小さい会社の試みを現地が受け入れたことも特別なポイントだと思います。つまりパートナーが良かった。 実際のところ、残り30分の質疑応答が一番面白かったです。

私は、佐竹社長からみた、ユヌス博士が描いておられる今後のビジョンを知りたいと質問したのですが、世界を舞台にしたアクトタンク構想のお話を伺うことができました。フランス、ドイツでは既に着手されており、日本もおそらくユヌス博士によるシンクタンクならぬアクトタンクの実現が近いとのこと。 ユヌス博士は、平和の為に活動するビジネスパーソンなのですね。




同じカテゴリー(研修)の記事画像
【input】内田樹先生の授業
女性活躍推進の今
徳之島  子宝の島のパパママ講座
篠栗の夏  教育センターの夏
PTA総会で講演しました。
同じカテゴリー(研修)の記事
 【input】内田樹先生の授業 (2017-06-12 09:34)
 【input】ケースメソッド教授法 (2017-06-08 12:01)
 【input】幸福とは・・・アドラー心理学 (2017-06-05 15:30)
 イノベーションについて (2016-12-23 11:53)
 女性活躍推進の今 (2016-12-17 12:43)
 大人はどうして教えようとするのか (2016-12-09 11:24)

Posted by 内木場三保 at 10:37│Comments(0)研修
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。